Event Information

道の駅世羅のイベントのお知らせ情報をご案内しています。

掲載情報一覧

世羅うまいもん大会

7月30日(日)

世羅町川尻の道の駅世羅では7月30日、「世羅うまいもん大会」が開催されます。

世羅自慢の特産品を、生産者自らが対面販売し、こだわり商品の魅力を、皆さまにお伝えします!

広島ホームテレビJステーション「大ちゃんのこれがうまいんジャー!」で紹介された、山菜ごはんの素のほかに、松きのこ、松なめこ、世羅黒うどん、美味しいおかずみそ、まろやか橙ポン酢、おからみそドレッシング、向井のトマト、ちだちの豆腐など。

生産者の想いや人柄に直接触れることのできるこの機会に是非ご来店ください♪

本と、コーヒーと、焼菓子と。

7月9日(日)

世羅町川尻の道の駅世羅では7月9日、「本と、コーヒーと、焼菓子と。」が開催されます。

古本を活用して、図書館でない場所に図書館をつくる活動「book gift project」に取り組む、株式会社バリューブックスの協力により実現した同プロジェクト。

駅内に地元産品に関連した本を置くことで、世羅とお客様の接点を増やし、世羅をより楽しんでもらえるような情報を提供していきたいと考えています。

本で出来ることがある。

本だから出来ることがある。

観光コンシェルジュによる情報提供はそのままに。

商品と本が気持ちよくつながりあう売り場から、新しい刺激や発見が生まれれば幸いです。

どうぞご自由にお手に取ってご覧下さい。

また当日は、世界最高品質のコーヒーを追求するミカフェートからコーヒーを知り尽くした専門家が来訪。

道の駅世羅でしか味わえない「世羅ブレンドコーヒー」をハンドドリップにてご提供します。

美味しい焼き菓子もご用意しておりますので、お気に入りの一冊と共にゆっくりとした時間をお過ごしください。

鮮魚市

7月15日(土)
    ~7月17日(月)

世羅町川尻の道の駅世羅では7月15日から7月17日までの3日間、「鮮魚市」が開催されます。

【一日限定30本】高知「道の駅四万十とおわ」自慢の「じねん(地然)鰻蒲焼」がやってくる!
天然うなぎに近い環境で育てているため、「じねん鰻」と呼ばれます。川の幸をあつかう四万十の老舗「四万十屋」。 高知県土佐市の山本養鰻場で育てた養殖の「じねん鰻」を四万十屋の技術で一本一本丁寧に手焼きしています。 四万十川の川漁師が認める、天然にも引けをとらないその味を、ぜひお楽しみください!!
じねん鰻蒲焼カット(45g)冷凍 1,150円

北海道は枝幸町の「道の駅マリーンアイランド岡島」から、北海道の海の幸がやってくる!
北海道 枝幸ならではの厳選された食材の他、北海道限定品やその旬に合わせたおいしいものを選りすぐりご用意します。入荷予定は、ホタテや毛ガニ、イカ飯など。 (漁の影響等により内容が変更になる場合あり)

17日(祝)限定、沼隈町「道の駅アリストぬまくま」より、獲れたて鮮魚がやってくる!
話題の、備後フィッシュも登場!7月に旬を迎える魚は、じゃこえび、キス、スズキ、ヌメゴチ、鱧、マダコ、カマスなど。(漁の影響等により内容が変更になる場合があり)             

備後フィッシュとは・・・福山、笠岡、三原、尾道市の4市と福山地区水産振興対策協議会など各市の漁業関係団体でつくる「備後圏域6次産業化ネットワーク会議」水産業部会が選定。地元消費者の魚食離れに歯止めをかけるため、地元で水揚げしている代表的な魚種を季節ごとに25種推奨しています。

各日10:00~無くなり次第終了です。品切れ前にお早めにお買い求めください!

キリンビールのビール教室

7月29日(土)

世羅町川尻の道の駅世羅では7月29日、「キリンビールのビール教室」が開催されます。

夜の道の駅を特別に開放し、KIRINと道の駅世羅のコラボレーションによる同イベント。

当日は、ビールのプロ「キリンビール」の社員の方にお越しいただき、ご家庭で美味しいビールを飲むための講座も行っていただきます。

また7月18日より販売開始(予定)の、「一番搾り 広島に乾杯」も飲めちゃいます!

もちろん、ビールに合うおいしいおつまみもご準備しますので、ぜひご参加ください!

なおアルコールのご提供となりますので、未成年者の参加はできません。

またお車でお越しの方は、ハンドルキーパー同伴の上、ご参加ください。

アルコールをお召し上がらない場合は、ノンアルコールビールもご用意しております。

タイムテーブル 19:00~    参加者全員でカンパイ!
     19:05~19:30 キリンビールさんによる、ビール講座
     19:30~20:40 キリン「一番搾り」を味わう時間 
             何杯でも味わってください!!
     20:40~20:55 お楽しみ抽選会♪
     20:55~21:00 締めのカンパイ!

参加費用 お一人さま 2,500円(税込)
     ※ビールをお召し上がりにならない場合も、同額。
     (キリンゼロイチ、ウーロン茶等をご準備いたします)

注意事項 未成年者の参加はできません。本イベントは事前申し込みが必要です。
     定員(40名)になり次第、締め切ります。
     参加ご希望の方は、道の駅世羅のインフォメーションカウンターへお越しください。
     年齢確認が必要となりますので、年齢が確認できるもの(免許証等)を、必ずご提示ください。

大人も楽しめる金魚まつり

7月23日(日)

世羅町川尻の道の駅世羅では7月23日、田舎の小さな養魚場フィッシュファームウヅトによる「大人も楽しめる金魚まつり」が開催されます。

大好評につき、今夏も開催決定!

ピンポンパール、らんちゅう、土佐錦、出雲ナンキンなど、生産者自慢の金魚を展示・販売するほか、高級金魚すくい、メダカ特売市、豪華景品が当たるくじ引きも楽しめます。

高級金魚すくいは、ピンポンパール、らんちゅうなどの金魚を用意。

1回300円で持ち帰りは5匹まで。すくえなかった方にも2匹プレゼントします!

メダカ特売市は、ヨウキヒ、ミユキを特価にて数量限定販売!

くじ引きは、1回500円で先着50名様限定。空くじなし!

1等…らんちゅう、ピンポンパール、出雲ナンキン、土佐錦セット
2等…ピンポンパール、etcセット
3等…金魚餌(900円分) 
  
普段なかなか見ることが出来ない金魚を見ることが出来るだけでなく、安価で優良魚が入手できる絶好の機会です。ぜひお越しください!

※品種によっては、体調により販売できない場合があります。

7月限定フレーバーティー&人気の世羅紅茶からアイスティー登場&夏の限定ソーダ割「グリーンティーゆずブレンド」

7月1日(土)
    ~7月30日(日)

世羅台地で生産が盛んだった世羅茶の復活に取り組む住民グループ「世羅茶再生部会」は、せらワイナリーとコラボレーションした限定商品「ユーロブレンドティー~ヤマソーヴィニヨンとエルダーフラワーと世羅紅茶の旅~」を開発しました。

ヤマソーヴィニヨンと「家庭の薬箱」とも呼ばれる万能ハーブ、エルダーフラワーをブレンドした世羅紅茶。

ぶどう・ハーブ・紅茶の3つが織りなすハーモニーは、素敵な香りでまるで旅行したような気分にさせてくれます。

イートインは1杯150円。1日から道の駅世羅で販売。

また、お客様のご要望にお応えして、遂にアイスティーが登場!1杯150円。

さらに23日(日)のみ、ほろビターなグリーンティーゆずブレンドを限定販売!1杯200円。

世羅高原「天空の柚子」と「ミント」「一番摘みの新茶」のソーダ割。

1日限定のフレイバーティーで、暑い夏も気分リフレッシュ!

宍道湖より、美味しい蜆がやってくる!!

7月2日

世羅町川尻の道の駅世羅では7月2日、島根県の道の駅「本庄」との連携イベント「宍道湖より、美味しい蜆がやってくる!!」が開催されます。

Sサイズ 600g 650円。

夏が旬の大和しじみは「土用しじみ」とも呼ばれ「土用しじみは腹薬」と言われるように夏バテ防止に効果的です。

オススメは「しじみ汁」。

自然の旨みが“ギュッ”と凝縮されたしじみは、沸騰したお湯の中で口を開いた瞬間、白濁した濃厚なエキスが鍋いっぱいに広がり、これがしじみ汁!!と、食べた人はきっと思うはず。

他では味わうことの出来ない、本物の美味しさを召し上がってください。

パン・マルシェ vol.3

6月25日(日)

世羅町川尻の道の駅世羅では25日、「パン・マルシェ」が開催されます。

中国やまなみ街道の沿線エリアのこだわりのパン屋さんを集めて開催される大人気イベント。

今回は、福山エリアからこだわりのパン屋さんが集結。

さらに、珍しい世羅町産やぎのチーズもやってきます。

チーズのラインナップは3種類。「セラ・シェーブル」は、約2週間の熟成が生む、ねっとりとした口当たりと濃厚な風味が特徴で、サラミなどと好相性。ヨーグルトのような穏やかな酸味がある「シェーブル・フレ」は、ジャムを添えてデザート感覚で楽しめるフレッシュチーズ。もっとも希少な「リコッタ」は、ふわふわの食感でほんのり甘く、ブラックペッパー&蜂蜜をかければ酒のアテとしても申し分なし。ミルクと砂糖をじっくり煮詰めた「やぎミルクジャム」は、やさしい甘さ。シンプルゆえに使い方や味のバリエーションも豊か。添加物や保存料などは一切使用していません。

素敵な休日を、おいしいパンと共に。

【福山エリア】
★手ごねパン Copain (コパン)
広島県福山市引野町3-37-4

★にこぱん
広島県福山市南本庄3-7-7

★Panaderia Trigo(パナデリア トリゴ)
広島県福山市千田町2-41-15

★ちいさなパン工場 大和屋
広島県福山市(イベント出店のみ)

【世羅エリア】
おへそカフェ&ベーカリー
広島県世羅郡世羅町宇津戸1155

こばやしのパン
広島県世羅郡世羅町大字西上原494-4

ca va aller !!(サヴァーレ)
広島県世羅郡世羅町大字本郷691-18

みつば会
広島県世羅郡世羅町寺町1568-2

★やぎ丸農場
広島県世羅郡世羅町小国1092

★は対面販売です。

世羅ブレンドコーヒーハンドドリップ&世羅ブレンドコーヒージェラート試食販売

6月24日(土)

世界最高品質のコーヒーを追求するミカフェートからコーヒーを知り尽くした専門家が来訪し、道の駅世羅でしか味わえない「世羅ブレンドコーヒー」をハンドドリップにてご提供します。

さらに、自家牧場の牛乳を使って生産しているジェラート工房ドナと協力し開発した新商品「世羅ブレンドコーヒージェラート」の試食販売を同時開催。

苦みが少なく、さっぱりとしたコーヒーの風味をお楽しみください。

新茶フェア

6月15日(木)
    ~6月18日(日)

道の駅世羅では6月15日(木)から18日(日)まで、世羅茶再生部会の協力による「新茶フェア」を開催します。

茶畑を再生させ世羅を元気にしたいという思いで、広島県上下町や三次などの農園から助言をもらいながら、伸び放題になっていた茶の木を剪定するところから始めた同部会。

80年の歴史ある世羅茶を絶やさず、新たな試みで蘇らせようとがんばっています。

これまで、世羅産のリンゴを乾燥させて粒状に砕き、紅茶葉と混ぜたアップルジンジャーティー、尾道市瀬戸田町のブラッドオレンジと紅茶を組み合わせたブラッドオレンジティーなど、月替わりで商品を販売してきました。

その年の新芽を摘む時期は立春から数えて88日目が目安といわれ、毎年5月初めに当たりますが、気温が低い世羅では例年5月半ば以降。

今年の新茶シーズンは始まったばかりです。

期間中、「瀬戸内しまなみ海道」と「中国やまなみ街道」沿線の観光協会がお薦めする和菓子の販売のほか、柔らかな新芽だけを厳選し、手で丁寧に摘み採った茶葉を急須で入れたお茶、“自分流!いつでも「おうちカフェ」でティーパーティー”世羅茶を使ったフレーバーティーづくりなどスペシャルなイベントも行われます。

新茶の季節ならではの商品、メニュー、ワークショップをご用意しておりますので、この機会に是非お越しください。

<6/15~6/18>
・しゃまなみ和菓子展
・世羅茶 新茶の販売(150円)

<6/18>
・急須でいれた世羅茶 新茶の実演販売(200円)
・世羅茶を使ったフレーバーティーづくり(500円)

【松江市】彩雲堂さんの「若草」 3入 540円
若草は松江藩七代藩主・松平不昧公の御歌に由来して命名された、松江の代表的な銘菓。奥出雲の質の高いもち米を使用し、自社の石臼で水挽きしています。最後、切り分けた求肥にそぼろをまぶす作業は、ひとつひとつ心を込めて、手作業で行っています。

【雲南市】金時堂さんの「金福だんご」 5串入り 400円
「名物にうまいものあり。金福だんご」串にささった四角いお餅の上に、「小豆」「よもぎ」「白小豆」の極上あんこ。昔から変わらない作り方にこだわっています。昔から変わらない杵と臼を使った手作り銘菓。お茶請けやお土産にどうぞ。

【庄原市】和泉光和堂さんの「乳団子」 9個入り 486円
牛乳を使った滋養に富んだ菓子として、古くから県北で親しまれている乳団子。全国菓子大評会で入賞以来、各地で数々の栄誉に輝いています。噛めば口の中にほんのりと牛乳の風味が広がり、どこか懐かしさを感じさせる素朴で優しい味わいです。

【庄原市】横山甘泉堂さんの「田總羊羹」 1本 378円
中国山地に囲まれ、その山系から流れ出る豊かな水と北海道産小豆を使い、小豆本来の味と香りを生かすために、二日間かけてじっくりと丁寧に仕上げています。「田總」は合併して総領町になるまえの村の名前。地域を代表する銘菓です。

【三原市】三万石本舗さんの「三万石名城焼」 7枚入り 398円
四〇〇年のよすがを伝える城下の息吹を風味豊かな煎餅に焼きあげました。ピーナッツがふんだんに入って香ばしく、ざっくりとした歯ごたえと素朴な甘さが評判。型押しされたお城のデザインが手焼きの素朴さを感じさせます。第20回全国菓子博内閣大臣賞受賞を受賞。

【三原市】ヤッサ饅頭本舗さんの「ヤッサ饅頭」 2個入 165円、8個入 660円
小早川隆景公が三原城を築城した際、落成を祝って人々が「ヤッサ、ヤッサ」の掛け声で踊ったのが始まりと伝えられるやっさ踊り。浴衣の片肌を脱いで踊る人々の姿を、饅頭の薄皮から覗く艶やかなつぶあんに見立てた粋なヤッサ饅頭は、今も昔も変わることなく愛され続ける三原の代表銘菓です。

【三原市】八天堂さんの「くりーむパン」 ※6/18限定販売
数えきれないくらいの試行錯誤の末、生まれたのがこの「くりーむパン」。何度食べても飽きが来ない、そして一度に2個目も食べられる様なあっさりとした仕上がり。素材に徹底的にこだわった「くりーむパン」をお楽しみください。

【世羅町】山田玉泉堂さんの「唐饅頭」 12個入り 650円
その昔、弘法大師によって伝えられたとの一説があり、約300年前から世羅の町で売り始められたといわれる唐饅頭。カリッと焼かれた生地、口の中でほろりと崩れる白あん。昔ながらの素朴で優しい味に、初めて食べたのになぜか懐かしい気持ちになる世羅の銘菓です。

【上島町】タムラ食品さんの「タムラの芋菓子」 1袋 425円
古くから岩城のお土産と言えば芋菓子というほど、名が知られている銘菓です。堀ったばかりのイモを同日中に素揚げして、旬のおいしさをそのまま菓子に加工。季節によって揚げる時間や砂糖の分量を調整しながら作っているこだわりの逸品です。

【尾道市】昇福亭さんの「はっさく大福」 1個 150円
日本茶とも相性の良い「はっさく大福」は原材料にもこだわりのあるシンプルを極めた極上の美味しさ。はっさく大福の中身には、大粒のジューシーな身が丸ごと入っています。丁寧に作られた白餡との相性も抜群で、尾道の名物として全国的にも話題の味です。

【三次市】東地屋さんの「泡雪」 1箱 500円
三次名物の元祖の味。新鮮な卵白のふわっとした口ざわりは、まさに雪のように口の中でとろけるやわらかさ。明治の初期から変わらぬ製法で作られる、栄養価も高い和菓子です。昔から変わらぬ、春雪溶ける如き味わい。ぜひお試しあれ。

【三次市】風季舎昌平本家さんの「ブラどら」 1個 172円
薫り高いナポレオンと、北海道産小豆の特製つぶあんとが奏でる絶妙なハーモニー。芳醇なブランデーが、ほどよい甘さのつぶあんと、きめ細やかな生地をふんわりと包み込み、まろやかに口の中にひろがります。

【今治市】母恵夢本舗さんの「ベビー母恵夢」 6個入り 486円
黄身餡を口どけのよい生地で包んだやさしい丸型ポエムです。瀬戸内の温暖な風土に生まれ、詩情豊かに育った「母恵夢」。和菓子の上品な味わいと、洋菓子素材の芳醇な風味を、独自の製法技術で調和させた創作和菓子です。